ハウス・リースバック

新しい形の資金調達法

 

あなたは今こんなことで悩んでいませんか?

 

  • 住宅の長期ローンを組んだのはいいけれど、返済が苦しい。。。だけど売却すると住む家がなくなってしまう。
  • 引っ越したいけれど子供の学区が変わってしまうと困る
  • 他人に知られないように家を売って資金を調達したい
  • 老後の資金が心配
  • リバースモーゲージは条件に合わない?

 

もし、今お持ちの物件に住み続けることを前提に売却する方法があるとしたら?

 

 

だれもが「え?何それ?」「そんなことできるわけないんじゃない?」と思うかもしれませんが、それができるんです。

 

 

それを可能にしたのがこれから紹介する「ハウス・リースバック」です。

 

 

しかも調達した資金は使途自由。どんな目的で使っても構いません。

 

 

決心したら訪問査定を申し込んで一週間ほどで査定が完了します。

 

 

だからとてもスピーディに資金調達が可能になります。

 

 

しかも今住んでいる物件に住み続けられるのですから、安心して売却することが可能なのです。

 

どうして自宅に居ながら家を売却できるの?

 

では「ハウス・リースバック」の仕組みをご説明しましょう。

 

 

売主は当然のことながら物件の所有者様です。

 

 

買主はこのシステムを運用している「ハウスドゥ」ですので法人になります。

 

 

つまり現在所有している物件をハウスドゥにお売りいただくという契約形式になります。

 

 

その後買取金額は即現金でお支払いしますので、時間はかかりません。

 

 

契約後はハウスドゥが買い取った物件に賃貸という形で住み続けてもらう契約になります。買取契約の中からリース料を家賃として納めていただく形になります。

 

 

直接購入ですので住宅ローンの残債があっても問題ありません。(査定の結果特殊な問題がある物件の場合には買取をお断りさせていただく場合もあります)

 

 

将来的に資産に余裕ができたら買い戻すことも可能です。

 

 

所有物件をリース物件にチェンジするのでこれまで通り住み続けることが可能なのです。

 

 

これは個人対法人の売買契約とリース契約を同時に行うことで初めて可能となる画期的なサービスなのです。

 

 

ではどのようにこのシステムが利用されているかを次の章から紹介していきましょう。

 

老後のために

 

仕事を定年し子供が独立した後の老後資金としてこのシステムを利用していただくことが可能です。

 

 

賃貸契約となることで固定資産税などが減額されますので、老後の生活資金調達には有利なシステムと言えます。

 

 

定年退職後もリース契約可能なのは物件を売買していただけるからです。

 

 

思い出のつまった家にずっと住み続けられるし、老後を見知らぬ土地で過ごす不安からも解消されるので老後資金のために利用を考えている方からの問い合わせを沢山頂戴しています。

 

資金調達のために

 

子供が生まれたタイミングでマイホーム購入をする人は沢山おられます。

 

 

それだけマイホームがステイタスシンボルとして認識されているからなのですが、実際に子育てと住宅ローンの両立をするのは非常に大変です。

 

 

お子さんには想像している以上のお金が必要となるケースがあるからです。

 

 

そのために住宅ローンが度々滞り最終的には差し押さえられて競売にかけられるというケースも少なくありません。

 

 

そのような事態を避けるためにもこのシステムをご利用いただきたいと思います。

 

 

あくまでも秘密厳守で売買契約とリース契約を結びますので、ご近所にマイホームを売却したことがバレることはありません。

 

 

その後も安心して住み続けることが可能です。

 

相続のために

できるだけ資産は子供たちのために残しておきたいけれど、基本的に相続権は配偶者が1/2、後は子供の数で割ることになります。

 

 

現金や有価証券など割りやすいものは揉めることが少ないのですが、不動産の場合は内輪揉をする一番の原因になります。

 

 

もし連れ添われた旦那様、あるいは奥様に先立たれて残りを子供に相続する場合はあらかじめ物件を現金化し、その後の生活に必要な経費を差し引いたものを均等分割して相続するのが一番争いが少ない方法になります。

 

 

その際、物件を処理した後も同じところに住み続けられるこのシステムはメリットが大きいのでお勧めです。

 

 

相続問題も解決し一挙両得になることでしょう。

 

 

資産整理のために

物件を持っているけれども他に借金が多い多重債務の人でおまとめローンを断わられた場合でも利用可能なシステムです。

 

 

多重債務は長引くほど無駄に利息を多く払い続けなければなりません。

 

 

そうならないようにこのシステムを上手に使って多重債務を一本化することをお勧めします。

 

 

このシステムであれば一本化の後も同じ家に住み続けることが可能ですので、住宅担保ローンを利用するよりもメリットが大きいといえるでしょう。

 

リバースモーゲージとの違いについて

ハウス・リースバックシステムは全く新しい形の不動産型融資制度ですが、よく似た既存のシステムに「リバースモーゲージ」というのがありますので、こちらと比較していきましょう。

 

 

当システムについてはこれまでの説明でおおよそおわかりいただけたと思いますので割愛します。

 

 

一方のリバースモーゲージの方はといえば、物件売却後も住み続けられるという点ではよく似ています。

 

 

しかし、融資期間が決められていて担保となる物件を売って一定期間を設けて借入金と売った金額を相殺するというシステムです。

 

 

したがって返済期間が過ぎれば所有権が完全に金融機関のものとなるため、最悪の場合競売にかけられる可能性もあります。

 

 

ハウス・リースバックとはこの点が大きく異なります。

 

 

当システムの場合は事前に精算を済ませて以後は賃貸契約となるためずっと住み続けることができるからです。

 

 

その他のメリットとして

ここまで説明してきただけでもいかに借り手に有利なシステムであるかがおわかりいただけたと思います。

 

 

しかし他にもメリットが多いのでよくある質問から抜粋していきましょう。

 

 

連帯保証人は必要ですか?:

売買契約に関しては対法人となるので無用ですし、賃貸契約の際も原則として不要です。

 

 

不動産の所有者が父親で亡くなった後登記上の所有権変更をしていなくても利用できるサービスですか?:

はい、可能です。しかし、相続登記が必要となりますが、その手続きもハウスドゥが代行いたします。詳しくは担当者と相談してください。

 

 

マンションでも利用できるシステムですか?:

はい、可能です。

 

 

個人事業主ですが、事業資金として利用することは可能ですか?:

原則として売買契約後の譲渡金については使途自由ですので、個人事業主様の事業資金としても利用可能です。ただし、所有している物件が事業不動産や事業主様専用の場合は別に「アセット・リースバック」というシステムもご用意しておりますのでそちらのご利用となります。

 

 

買い戻す時に時期などの決まりはありますか?:

特別決まりはありません。お客様の方で買い戻す資金が調達できた段階で買い戻すことが可能です。ただし、契約開始より6ヶ月以内は再購入できませんのでその点はご了承ください。

 

 

再購入の際の金額はどのようにして決まりますか?:

再購入の場合はあらかじめ設定した金額での売買契約となります。このシステムを採用することで、将来的に物件の価格が変動することはありませんので資金調達のスケジュールが立てやすくなるでしょう。

 

 

再設定価格は市場金利との兼ね合いもありますが、この低金利時代なら今のうちに再購入契約を結ばれる方が有利かもしれません。

 

 

そうした細かい点も担当者にご相談ください。

最短5日で現金化できる!

 

ますます進む日本の高齢化は大きな社会問題となっています。

 

 

本来、長生きすることは素晴らしいことなのに、老後の生活費について不安を感じているという方も少なくありません。

 

 

そんな方におすすめなのが、CMでもおなじみのハウスドゥ「ハウス・リースバック」です。

 

 

「ハウス・リースバック」とは、現在所有している不動産(自宅)をハウスドゥが買い取り、そこから不動産を借りるリース契約をしてそのまま住めるというシステムです。

 

 

引っ越しや住み替えをする必要がなく、今の不動産(自宅)を売ったお金で大きな金額を手にすることができるので老後の生活の計画を立てやすくなるというメリットがあります。

 

 

不動産(自宅)を所有する場合、固定資産税や修繕費など様々なランニングコストがかかりますが、「ハウス・リースバック」を利用すると不動産の所有者ではなく使用者となるため、固定資産税を払わなくても良くなるというメリットも。

 

 

ただし、所有権はなく、住んでいた家をリース契約で「借りている」という形になるため、毎月家賃として払う必要があります。

 

 

ちなみに家賃の支払方法は、売買代金の一部を充てることもできるのも便利ですね。

 

 

また、仲介や競売のように、自宅を売りに出したことが公開されることはないので人に知られることなく手続きができるというメリットもあります。

 

 

契約・手続き後もそのまま以前と同じように住むため、引っ越し費用や保証人なども一切かかりません。

 

 

しかも、住宅ローンが未完済でも大丈夫。

 

 

残債金額によっては取扱できない場合もありますが、住宅ローン以外の抵当権がついている場合でもお気軽にご相談ください。

 

 

これまで住んでいた自宅を手放し住み慣れたエリアから離れることは、高齢になればなるほど精神的な負担も大きくなるものです。

 

 

しかし「ハウス・リースバック」なら、自宅を所有から賃貸にするだけで、そのままの暮らしを続けながら生活費の確保ができるのは安心ですね。

 

 

また、家を相続する親族がいない、そのまま自分たちの代で終わらせたいというご事情にも適しています。

 

 

他にも、通常なら現金化まで40日間程度ですが、お急ぎの場合(クイックリースバック)は、最短5日で現金化することができるのもポイント。

 

 

事業資金など急いで大きな金額を調達しなければならないという場合にもおすすめです。

 

 

「ハウス・リースバック」は、これまでの生活を変えることなく大きな資金を一括で得られる方法です。

 

 

老後の資金や事業資金、子供の教育資金などが必要となった場合に、顧客満足度94.6%・全国ネットワーク682店舗(2022年8月末現在)のハウスドゥ「ハウス・リースバック」を選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

メリットとデメリット解説

 

マイホームを売却し、その後賃貸としてその家に住み続ける事ができる、ハウス・リースバックという手段があります。どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

 

まず、まとまった資金を得る事ができます。使い道が完全に自由な大金を得られる少ない機会となり、事業や老後資金の為など、どんな事にも使えます。

 

 

また、そのまま賃貸契約をして住んでいられるので、通勤時間も変わらず子どもの学校も変わらなくて良いのは大きなポイントになります。

 

 

引越し代もかかりません。

 

 

そして、住宅ローンと固定資産税がかからなくなるという最大のメリットがあります。賃貸ならボーナス払いも固定資産税もなくなるので、月々の賃料が少々高くなってもお釣りがくる可能性かあります。

 

 

次に、どんなデメリットがあるのでしょうか?ご紹介します。

 

 

売却後賃貸で住み続ける事が可能と言っても、契約期間があります。大体2年未満である事が多く、そのままずっと住んでいられるわけではありません。

 

 

更新時に家賃が上がり払えなくなるケースもあります。

 

 

また、リースバックで売却してまとまった現金は得られますが、通常の不動産売買と比べると安い売却金額となる事が多いようです。

 

 

長期的に見てリースバックでの売却でいいのか見極める必要があります。

 

 

そして見逃せないのが、修繕費は通常の賃貸契約と異なる事があるという点です。

 

 

通常、賃貸だと借主の故意での破損以外は貸主が修繕費を負担するようになっていますが、リースバックの場合、貸主が設備管理が難しいので、借主が修繕費を負担する特約が組まれる事が多いのです。

 

 

想定外の出費にならない為にも、契約時によく確認する必要があります。

 

 

リースバックを検討中の方は、以上のようなメリット・デメリットを吟味し、信頼できる不動産会社に相談しましょう。

 

一連の流れ

 

自宅を売却して現金を受け取った後も、賃貸としてそのまま住み続けるサービスです。

 

 

将来的に、再度購入も可能です。

 

 

こんな悩みをお持ちの方は、いませんか?

 

  • 子供は家を出ていて実家に戻らないと言っている
  • 相続人が、いない・複数人いるので、相続時にもめないか心配
  • 年金だけで生活できるか不安がある。
  • 介護や入院にまとまった資金が、必要。
  • 子供の進学が必要になった。
  • 長期のローンの返済が、苦しいが、売却すると住む家がない。
  • 資金調達のために他人に知られないように家を売却したい。
  • 子供の学区が、変わってしまうと困るので、引っ越しができない。

 

 

一連の流れを紹介します。

 

@ご自宅を売却して現金化します。
A売却した代金を受け取ります。
B賃貸契約をして、賃貸として住み続けます。
C賃料を支払います。(将来的に、再び購入していただけることも可能です。)

 

 

ハウス・リースバックでしたら…

 

売却後も住み続けられる。
住宅ローンが残っていてもOK。
再度購入もできます。

 

 

質問・疑問にお答えします。

 

売却代金、賃料は、いくらになる?

近隣に事例、お客様の事情を参考にご提案させていただきます。

 

 

査定は、料金かかりますか?

相談・査定等は、無料で、承っております。

 

 

できるだけ早く資金調達したい、現金化までどのくらいかかりますか?

通常40日間、最短で5日です。(早期決済の場合別途手数料あり)

 

 

マンションでも利用できますか?

戸建て、マンション、土地、店舗付き住宅、事務所、さまざまな不動産が、利用可です。

 

 

年齢の制限はありますか?

成人されていて、意思能力があれば、制限ありません。

 

 

住宅ローンが、残っていても、取り扱いは可能ですか?

可能です。状況によっては取り扱いが難しい場合もありますのでご相談ください。

 

 

近所に、知られたくありません。近所への聞き取り調査は、ありますか?

お客様の個別の事情についてお聞きすることは致しません。
個人情報について細心の注意を払い管理しています。

 

 

調達した資金の使い道に指定は、ありますか?

ありません。資金使途は、お客様の自由です。

 

 

住みながら、売却できる新たなサービス。

 

 

相続や、資金にお悩みでしたら、ぜひご相談ください。

 

 

住宅ローン未完済でも利用可能

 

自宅のローンの支払いから早く解放されたい、老後や事業の資金づくりを考えているという方はいませんでしょうか。

 

 

ただ、まとまった資金がなくローンを払い続けなければならない、適当な資金調達方法が見つからないと嘆いている方もいるかと思います。

 

 

そんな方たちは、ハウスリースバックに相談してみるとよいでしょう。

 

 

ハウスリースバックは、所有している自宅を不動産大手のハウスドゥが買取り、ハウスドゥが提供する賃貸住宅としてそのまま自宅に住み続けるという形式のサービスになります。

 

 

所有でなく賃貸に住むとなれば、固定資産税などの各種税金などを払わなくてすむので、毎年の支払いの負担が大きく軽減されます。

 

 

また、原則買取り代金は一括で支払ってくれるので、まとまった資金が手に入るというメリットもあります。

 

 

新しい事業を始めるためにまとまったお金が必要になったなど、色々なケースに対応できます。競売や仲介ではないため、自宅を売却したことが対外的に知られにくいというのもメリットの一つといえます。

 

 

自宅を売却したことを知られてしまうと何かと面倒だという方でも、安心して利用することができます。

 

 

やっぱり自宅を子に相続したいなど、再度所有したいという場合にも再度購入することができるという安心感もあります。

 

 

不動産売買となるため、金融機関からのローン申し込みのように厳しい審査も必要なく、住宅ローン未完済の状態でも利用できるという使いやすさも評判を呼んでいます。

 

 

お金に関する悩みがある方だけでなく、子どもの学区を変えてしまうと面倒だなどの悩みにも対応できます。

 

 

住宅ローンで首が回らない、まとまった資金を安全な方法で手に入れたいという方は、ハウスドゥが提供するハウスリースバックの利用を検討してみましょう。

 

ハウスリースバックとは?

 

家をつくるということは、とてもいいことですね。しかしその資金に困ることもあります。

 

 

生活の中で、急にお金が必要となった時、どうしたらいいかと思いますね。

 

 

そんな時、とてもいいものとしてハウスリースバックがあります。

 

 

そのハウスリースバックとは、どんなものなのでしょうか。

 

 

ここでは、ハウスリースバックについてお話します。

 

 

自宅を活用できる

 

資金を調達したいと思った時、自宅を活用できる方法としてハウスリースバックがあります。

 

 

急にお金が必要となることは、よくあることです。

 

 

その時に、自宅を活用できるのはとてもいいことですね。

 

 

生活費を補う事ができる

 

子供に必要な資金がほしいときや、その他にもたくさんの資金がほしいことがあります。

 

 

その時に、生活費を補うことができるのでとても助かります。

 

 

自宅を売っても引越ししなくても良い

 

通常は、自宅を売った場合はその場所を離れる事となります。

 

 

その点、ハウスリースバックの場合は離れる事無く住み続けることができます。それは、嬉しい事ですね。

 

 

売却したことを周りに知られることがない

 

家を売る時には、周りに知られると困ることになりますね。

 

 

その点、住み続けることができるので周りに知られることがありません。

 

 

それも、とても助かります。

 

 

買い戻すこともできる

 

自宅を売った時には、その家として通常は買い戻すことができません。

 

 

しかし、やっぱり愛着のある家として、なんとかしたいと思うこともありますね。

 

 

そんな時、ハウスリースバックの場合は、自分の家が再びほしいと思った時には買い戻すことができます。

 

 

それはとても嬉しいメリットです。

 

 

ハウスリースバックを利用してみませんか?急な資金の調達に便利です。

 

 

家をどうしようか迷っている高齢者の方に好評です。

 

全国的に有名な不動産売買会社ハウス・ドゥが展開する、ハウス・リースバックについて紹介します。

 

 

この、ハウス・リースバックとは、住んでいる住宅をハウス・ドゥに買い取りをしてもらい、それを賃貸として借りることがきます。

 

 

買い取りしてもらった金額は一括で受け取ること出来ます。

 

 

住宅も引越しをすることなく、そのまま住み続けることができ、ご近所の方の目も気にすることなく売買ができるというシステムです。

 

 

今後、住宅を再度購入希望の場合は購入することもできます。

 

 

メリットとしては、金額を一括で受け取ることができるので、その時の必要な資金として使用することもできます。

 

 

ローンの借入返済などで困っている方にも一括返済できるので、借金を減らすリスクも伴います。

 

 

また、競売や仲介業者が入り、住宅情報を公開されることもないので、ご近所に知られず売買を行い、そのまま住宅に住み続けれます。

 

 

売買した後の住宅に住むと、持ち家から賃貸になるので、毎年支払っていた固定資産税がかからなくなります。

 

 

こちらは、ハウス・ドゥさんで支払ってくれることになっています。

 

 

賃貸住宅としての扱いになるので、引越しや人の目を気にせず住み続けることができるので、資金繰りに困っている方へのメリットとしては大きいものです。

 

 

また、デメリットは、持ち家ではなくなることです。

 

 

持ち家とは自分の資産なので、その資産が一つなくなるという考え方になります。

 

 

今後必要となれば、購入も可能ホームページには書いてありましたが、購入するよりは、資金があるなら新しく中古住宅を購入するか、再度建て直すことが出来るのではないかと思います。

 

 

高齢化社会になった現代として、こうした暮らし方がまた一つ増えていき、高齢者にもストレスなく生活していける場が増えていきよかったと感じました。